ABOUT

時を刻む革小物Many CHOICE
時を刻む革小物Many CHOICE
時を刻む革小物Many CHOICE

「Many CHOICE」 私は、自分の出会った感動を伝えたいと思い、作品を全て手作業で一つ一つ制作しています。 情熱を持った手仕事には、人間ならではの「綾(アヤ)」が生まれます。 私はこの「綾」を温もりだと思います。 感動することや、琴線に触れる物には、 一つ一つに違う「綾」があるのだと思います。 「皮革」 作品に使用している革は、上質なタンニン鞣しと上質なコンビ鞣しの革です。 一つ一つが職人の手作業で、丹精込めてなめされた革たちです。 タンニンなめしの革は、「生きて呼吸をしている革」です。 革によって、なめしによって、革の質感や色が違います。 より本来の革の質感を味わっていただきたいので、 現厚の革での製作にこだわっています。 「製作」 ※さらに詳しく、ブログの「製作工程」に書いてあります。http://djembe311.exblog.jp/27853135/ どんなふうに作っているのかを簡単に書きますと、 ✤型紙製作(何度も何度も試行錯誤しながら、制作していきます。) ✤裁断(革の部分部分で表情が違うため、完成図をを思い浮かべながら裁断していきます。) ✤穴あけ、(微妙なズレを手と目で確認しながら調整していきます。) ✤縫製(総手縫い。ミシンでは縫えない糸を使え、2本の糸で1穴を縛り上げるように縫うので、頑丈で、表情が豊かです) ✤コバ(革の断面)の磨き上げ(鉋、ヤスリ、染色・磨き・焼き・蠟引き・ワックスを繰り返していきますと木のような艶やかなコバになります。 市販の既成品は、この工程が一瞬ですが、うちでは作業の半分の時間を割いています。 職人の手仕事(革や道具)を、 私の手仕事を通し、 一人一人のお客様へ届けることが、simpleに情熱を傾けられる形だと信じています。 幸いにも、数百人の方に作品を買っていただけて、 温かい感想をいただくたび、もっと良い物を作ろうと思える原動力になっています。 これから求められる限り、このやりがいのある仕事を続け、日々の生活の中に寄り添える作品を作らせていただければと、切に願います。 手入れをしながら使うものは、どこにもない「自分の物」になつていきます。 そんな楽しみを感じていただければ、幸いです。 【ブログ】http://djembe311.exblog.jp/ 「今までにいただいた、お客様の感想の一部です。」 http://www.iichi.com/people/many-CHOICE/feedbacks こちらでも販売しています。 http://manychoice.shopselect.net/ http://www.iichi.com/shop/many-CHOICE {革のていれについて} http://djembe311.exblog.jp/20543045/ {ルガトー・アリゾナのエイジングについて} http://djembe311.exblog.jp/24139726/